百年の家project

ー 人生を百倍楽しむマイホーム -

突然ですが、
何のためにマイホームを建てますか?

子育て?サーフィン?キャンプ?釣り?ドライブ?家庭菜園?
子供をオリンピック選手に育てたい 子供を頭のいい子に育てたい

人生の目標が拡がり、マイホームを建てること自体が目標だった時代は終わりつつあるようです

百年の家projectでは、人生を楽しむ方々へのサポートとして、限界性能の高いマイホームづくりを追求しています。

日本一と言えるような高性能な家はすでに出来ていますが、
マイホームを建てることが目的ではなく、マイホームをきっかけに、人生の幅が広がったり、交流が増えたり、出来なかったことが出来るようになったり、人生がより一層楽しくなる為のマイホームづくりをするために僕たちの技術はあります。

カッコがいいだけのマイホームやログハウスや古民家など、住みたかったけど住んでみたら寒くてしょうがないマイホームを家族から寒いよ~なんて全く言われないレベルで建てたり

限界性能が高い技術をもってすれば、様々な要望に高い次元でお答えできます。

人生を楽しむためには楽しいマイホームであることが大事ですが、その前に家族が健康で長生きできるベーシックな性能は必須

でも残念ながらそのベーシックな技術が日本のハウスメーカーには足りていません。
だからこそ
日本最高の技術で健康寿命伸展を目指す百年の家projectを2004年に始めました。

これからマイホームを建てるなら超ZEH・・・
冬は23℃/50%の穏やかな健康暖房
夏は決して我慢しない健康冷房
年間を通して深呼吸がしたくなるような新鮮な外気を取り入れ
年間暖冷房費4万円以下で暮らしたい・・・

このベーシックな技術の上に、
皆さんの人生を楽しむマイホームづくりが始まります。

百年の家projectは、2004年、愛知県岡崎市で誕生
「健康寿命伸展と日本最高の省エネルギー性能の永続的両立」を提供する
ハウスメーカーの水平ブランディングネットワークです。

― 建築可能地区 ―
えちご百年の家project(新潟県)・しもつけ百年の家project(栃木県)・上州百年の家project(群馬県)
彩の国百年の家project(埼玉県)・みかわ百年の家project(愛知県)・みの百年の家project(岐阜県)
おうみ百年の家project(滋賀県)・なにわ百年の家project(大阪府)・いずも百年の家project(島根県)
京都府

Concept

2004年創業百年の老舗材木屋の企画から生まれた飛躍的な住宅性能向上を目指すハウスメーカーは、日本で初めてヒートショック・ゼロ社会の実現を目指すグループです

百年の家projectのコンセプトとは
Insane DESIGN

今までと同じマイホームに少し性能だけ上げても暮らしは変わりません。飛躍的な性能向上がもたらす間取りの革命は、誰も想像さえできない住み心地。ぜひ体感してください。

百年の家がもたらす違い
Education

マイホームづくりは、ユーザー側が圧倒的に情報弱者。情報を得ようと検索しても間違った情報が当たり前に氾濫するインターネット。慎重に科学的に根幹的に判断することが重要と考えます

進化する家づくりの常識

超ZEH(超ゼロ・エネルギー住宅)

ドイツはエネルギーパス、アメリカはエナジースター、欧米の省エネルギー政策に追いつけと、日本はBELSを作った。

そして2016年はZEH元年
国土交通省と経産省が共に補助金を出し、ハウスメーカーも地域ビルダーも2020年の省エネルギー法義務化に向けて梶を切った。

太陽光発電へ補助金誘導するやり方に疑問視する声もあった中、2019年からその太陽光発電の買い取りも順次終わっていくこの時代

住宅の省エネ化はそこそこで、大きな太陽光発電を載せてゼロにするZEHと
住宅の省エネ化が抜群だからこそ、小さな太陽光発電でもゼロにできるZEH

これからさらに10年後
電気自動車が当たり前になったときに、

大きな太陽光発電は住宅で使ってしまうから結局電力会社から電気を買うZEHと
大きな太陽光発電を載せれば、家も車も太陽光で賄えるZEH

マイホームの寿命は車の10倍以上長い
これからマイホームを建てるのに、無理やり住宅使用電力だけをゼロにしても意味はあるのか

百年の家projectは、超ZEH住宅にチャレンジしています

家づくりものさし塾

百年の家projectが各地で行うユーザー向けのセミナー

良いマイホームとはどんな家?
マイホームを建てたい多くの方が「実は良くわからない」
その時その地区を担当していた人の何人かの中から、たまたま出会った、いい営業マンを選ぶ
その住宅会社に決めた理由の不動のナンバーワンは「営業マンが良かったから」
マイホームの善し悪しをなんと営業マンで決めている

圧倒的に情報弱者のエンドユーザーへ
マイホームづくりのものさしを持って頂きたい

百年の住み心地~Say Cheese!
(Official magazine)

マイホームづくりで検討すべき項目には、見た目や質感などのカッコよさと、目に見えない性能、そして価格など様々な要素がありますが、難しい数字を並べられてもわからないし、結局それってどこがいいの?と言いたくなるような説明をされることがよくあります。
それは、住むご家族の健康や家の長持ち、暮らしやすさ、燃費などトータルに科学的に突き詰めているからなのですが、もっとご理解いただくために、百年メンバーのおくさま達にご尽力頂き、女性目線から百年の家の住み心地をレポートを掲載した「Say Cheese!」というオフィシャルマガジンを発刊しています。
※百年の家が建築可能地区のユーザーには、無料で郵送

NEWS TOPICS

入浴中にヒートショックで急死17000人

【 2013.02.03 NEWS 】

「65歳以上の入浴関連死推計 1万7千人/年間」を重要な問題を捉え、 百年の家projectでは、 決して家の寒さが原因で家庭内事故が起こることのない…

ALIVE~失敗しない家づくり

Blog TOP ALIVE