外壁の「汚れ」が物語る、決して喜べない3つの現象
\2121年注文住宅のミライ✨43/【家づくりの優先順位10】
「外壁汚れてますから、塗りなおしませんか?」
「今の塗料は性能いいので、ピカピカになりますよ」
新築して数年経つと、外壁に汚れが目立つようになる。
大手ハウスメーカーさんで建てると、
専門の点検部隊が定期的に回ってきて、
10年瑕疵保険が切れる前に、
自社で塗り替えすると保証が伸ばせると言ってきて、
相場よりかなり高い外壁塗装工事をしぶしぶ契約する。
というのが最近のお決まりのパターンですね。
最初からそういう条件の保証なので、
保証が欲しければ、しょうがない話ですが、
今週の話は似ているようで全く違うお話です。
その外壁が汚れるのは、
「風雨にさらされるので、付着するから」
ではないというお話です。
さらに、「汚れでもない」かもしれないし、
実はもっと根本的な
「家の耐久性」や「住む人の健康」
に関わる現象が起こっているから、だとしたら??
ということで、
第43回の注文住宅のミライは、
「外壁の「汚れ」が物語る、決して喜べない3つの現象」
一生に一度の住宅取得です、
「どんな家も同じ」とか、「性能なんてあまり変わらない」
なんて思っていると
大切なことを見逃しがちです。
どんな家に住むかによって、人生が大きく変わることがあるのです。
※質問などもどしどしコメント入れてください。
これを聞かずに注文住宅を建ててしまうと、
外壁が汚れたら、単に塗り替えればいいと思ってしまい、
外壁が汚れない新築を選ぶことができない可能性があること。
✅今回も
もう建ててしまった人や、
どこかと契約されてしまった方は、
見ないことを強くお勧めします。
これから家を建てる予定の方は、
同じような基準の家を手に入れられれば、
同じようになるかもしれません。
友人にも「私、花粉症、なおちゃったかも?」なんて
伝えられるようになると思います。
ご興味のある方は、
もうじきアーカイブでは見られなくなりますので、
ぜひ当日、4大SNSのどこかで、ご覧ください。
毎週木曜日19:50~百年の家プロジェクトが贈る
どんな家に住むかで未来が変わる!~自分の家づくりを見つけよう
2121年注文住宅のミライ
Powerd by 百年の家プロジェクト
愛知県岡崎市