愛知県岡崎市で高気密高断熱住宅なら百年の家プロジェクト。C値(相当隙間面積)0.2以下を実現

断熱基準2025年義務化に向け、高気密高断熱競争が激化していますが、
いくら性能アップしたくても、どうやったらいいのかわからない工務店さんは、
ぜひ行列工務店への第一歩
『世界最高レベル C値=0.2以下を実現する気密断熱施工 3つの要点動画』

今すぐLINEを登録して、無料で動画を手に入れてください

愛知県岡崎市で高気密高断熱住宅なら百年の家プロジェクト。C値(相当隙間面積)0.2以下を実現LINE

LINE登録特典のご案内

愛知県岡崎市で高気密高断熱住宅なら百年の家プロジェクト。C値(相当隙間面積)0.2以下を実現写真

岡崎市で新築注文住宅なら百年の家
Amazon電子書籍ジャンル別26部門1位&ベストセラー
※KINDLE読み放題に対応していますので、ぜひお読みください

プロフィール

杉浦 一広 百年の家プロジェクト 代表
59歳・O型・かに座・寅年・愛知県吉良町出身
■創業百年の材木屋時代、シックハウス問題で住環境に直面し、2004年工務店支援として「超性能研究会~百年の家プロジェクト」を始動し「自然素材×高性能住宅」の先駆けとなる。
執行役員を経て独立起業
■以来17年間で中小工務店だけ230社以上にその技術をレクチャーし、多くの行列ができる地域No.1工務店を育てる
HP制作管理・動画・SNSなどいち早く実践し、建築業界では珍しいWEBマーケッター
■趣味:EU・北欧・USA・マチュピチュなど世界遺産や有名建築をめぐる旅好きで、世界三大近代建築の巨匠の作品、サヴォア邸・ファンズワース邸・落水荘はコンプリート
東京マラソン2回完走、ドローン操縦士回転翼3級