【百年の家プロジェクトメンバーに依頼した理由は何ですか?】
以前に住んでいた戸建て住宅が10年くらいで雨漏れをした。ハウスメーカーもなくなっていて、大工さんなど、色々な人に見てもらったが誰も直せなかった。それを、知人の紹介で来てくれて、一発ですぐに直してくれた、違う業者が建てた家なのに、すごい人だな、と思った事。

 

【2世帯住宅にする際の要望は何でしたか?】
助け合いながらも、音など、お互いの生活が気にならないようにしたい、という要望で、玄関から全て別にしてもらいました。

【デザインはどうですか?】
(奥様)当時は長女が人見知りが強くて、実は打合せには一度も参加できませんでした。「シンプルで色は白、収納はたっぷり」という希望だけ伝えて、あとは主人と工務店さんにお任せしました。 完成してみると、天井に見える木の梁と白い壁の組み合わせがオシャレで心地よい。仕事着のスーツを収納する場所もばっちり、パントリーはリビングから見えないし、ウォークインクローゼットも気に入っています。

【打合せやプランはどうでしたか?】
(ご主人)提案してもらったものがほぼそのまま完成しました。提案を見て、そのままでいいな、と納得できたから。でも決して押し付けでなく、自分たちの要望も取り入れてくれていて、一緒に建てたな、という感じです。 特に、屋根を太陽に向けようと思ってましたが、工務店さんの提案で、太陽光を乗せないのであれば、リビング側を高くして寝室側を低くしたほうが居心地がよい、という提案の通りにしたことが正解でした。リビングでは料理しながら子供の様子を見られるし、何より天井が高くて明るく、白い壁が映え、とても居心地が良いです。二人とも家の中で一番好きな場所です。寝室は反対に屋根が低く、寝る時に落ち着く感じがとても良いです。そこはプロならではの提案だと思いました。

 
 

【冬の寒さ、夏の暑さはどうですか?】
(奥様)冬は本当に暖かい。すごい快適です!真冬でも今日来ているような服1枚で、暖房付けずに過ごせてます。春先になるとすでに窓を開けているくらい。 夏はどうだったかな・・・暑かった記憶がない、涼しかったです。 以前住んでいた家では、起きてすぐストーブ、ストーブ、といった感じだったが今は全くないです。以前は結露もすごかったが今はない。

【他に何かありますか?】
(奥様)ひどい花粉症ですが、そいういえば、家の中でくしゃみすることはあまりなかったですね。 耐震的にも壁に耐震壁を入れてくれているので安心です。 お風呂の天井が開いているのが、水滴やカビが付くんじゃないかと心配でしたが、住んでみたら全くなかった。冬は逆にその湿度が利用できてちょうどよいです。100%部屋干しで、そこには陽も当たりませんが、冬でも朝には乾いてしまいます。生乾きのニオイもないです。 玄関にある階段下の収納が、靴でそのままはいっていけるので三輪車をおいたり、とても便利に使っています。

【将来、この家とともにどんな暮らしをしていきたいですか?】
(奥様)子供が自分の部屋で過ごす時間が増えても、天井が開いていて声が聞こえるから安心です。家も小さめなこともあり、安心して成長を見守っていきたい。 (ご主人)工務店さんの「アレルギーに優しい家」、暖かい家、ということで、健康的に暮らせる家だから、子供も健康的に、この家とともにすくすくと育ってもらえるといいな。 家の性能はちろん、相談したいときにすぐに相談にのってくれて、直ぐにかけつけてくれて、そこがハウスメーカーと違ってとても良い所だと思います。 家が建つまではもちろん、建ってからも頻繁に来てくれて、ずっと安心して暮らせています。

 
 

【キッチンに換気扇がないのはどうですか?】
(お母様)最初は不安がありましたが、IHにしたこともあり、飛び散ることもなく、正解だったのかな、と思います。油料理は拭けばいいですから。 (お父様)工務店さんから、ニオイは下に落ちるから下を掃除すればよい、24時間ずっと換気しているから大丈夫、と言われたが住んでみて、本当だな、と思いました。 コロナで換気が必要だが、常に快適な温度でキレイな空気の中で過ごせるのがとても良い。健康に過ごせますね。

【1年間生活してみていかがですか?】
(お父様)自分たち好みでおシャレで動きやすい設計です。全部ぶち抜けで1LDKといった感じ。 普段は二人だが、お客さんが来た時に、キッチンに作り付けのテーブルがカウンターバーのようになって、お気に入りのスペースになってます。 真夏でも、6畳用のエアコン1台で間に合っている。これは実に素晴らしいです。

【編集後記】
子世帯、親世帯ともそれぞれの暮らしを満喫して下さっている様子を感じました。お母様はお料理上手で、訪問するといつも手作りケーキをお土産に頂くんです。 お子様も、もう人見知りはなくなり、私達とも一緒に遊んでくれます。こちらこそ、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。