南向きの家は建てるな。

ものさし塾に参加されるほとんどの方が、家を建てる際は「南向きがいい」と言われます。
その理由は、「日当たりを良くしたいから」。その為に南向きの土地から探す人もいるくらいです。

しかしながら科学的に考えると、実は南向きの家が 「一番日当たりが悪い」 のです。

それは何故か?

南向きの家は、北向きの家でもあるのです。
それは、四角い家の一面が南を向いたら、反対面は北に向くためです。

日本は北半球にあるので、北向きの面は、朝~夜まで太陽光が一度も当たらない面になってしまいます。

太陽光による加熱・消毒の効果を受けられないと、1年中湿っぽく、特に冬場はジメジメします。

さらに壁の構造が対策されていないと、壁の内部結露が表面結露となって外壁を湿らせ、外壁が汚れたり、藻が生えたりします。

北側の壁が汚れている家をご近所で見かけることはありませんか?

訪問販売の塗装屋さんが言うように、もしもこれが本当に風雪に耐えた経年変化の汚れなら、

なぜ汚れと汚れの間に、一定の間隔で比較的汚れてない部分があるのでしょう。

まさに訪販業者に 「塗り替えませんか?」 と営業される家です。

しかし、これらは結露による汚れなので、原因を取り除かない限り何度ペンキを塗りかえても、また同じように現れてしまうのです。訪販業者の言うような安い塗料を使っているからではありません。

しかしながら、それを指摘・説明できる工務店・設計が非常に少ないのもこの業界の現実です。

南向きの家のデメリットは、北面の汚れだけではありません。

例えば、真四角な家だとすると、北面に日が当たらないということは、全体の25%の壁は日が当たらないのです。

全体の75%しか日が当たらないのに、南向きの家は日当たりがいいと思い込んでいませんか?

誰に聞いたかも忘れてしまったような、昔からみんなで思い込まされた間違いのようです。

ものさし塾では、この続きをじっくり聞くことが出来ます。

私たち百年の家projectでは、このようなことから常に科学的に理論的に家づくりを考えます。

南向きに建てない?その改善策は?


ものさし塾への参加申し込みはこちら