おうみ百年の家project
(株)ひらつか建築.の古民家改修のお披露目会にて

冬の最適な室内温度は23度以上
これは人体の健康面から考えて
誰方も異論のないところだと思いますが、

最近の有名な建築家や評論家は、
23度にするのは難しいし暖房費がかかるから18度でいいとか、
朝起きた時に16度あって家中で結論してなかったらそれでいいんじゃないかとかおっしゃってます。

でもそれはあなたが出来ないだけで、
出来てる人を知らないだけ、
世の中にはちゃんと出来ちゃってる人が沢山いる。

そもそも影響力でご飯を食べてる人が、
自分が出来ないからと言って
家の中の寒さが原因で一万七千人も亡くなっている
この日本で16度でもいいなんて言うべきでない

イギリスだって16℃以下はダメだと国民に伝えている
出来ないならなんとかしようと言うべきだ

想いがあるから理念が育ち
理念があるから技術が進歩する

家を建てる人は、どんな状況であっても
住む人の健康と長寿を最優先に考えるべきであり、
自分が出来ない事や省エネルギーが優先であってはならない

古民家改修でもここまで出来る
すごいな
ここがスタート