もっとも効果的な誰でもわかる地震対策

日本は火山列島だ。
地面が揺れない場所などない。
今まで地震が来なかったからなどという、
たかだか200年くらいのスパンで考え、コレぐらいでイイだろうとタカをくくる人が家を建てているからいつまでも被害が絶えることがない

いつどこで地震が起きるかなんて何十兆円かけてもわからないことがわかっている
古いも新しいも関係ない、とりあえず「一階で寝ちゃダメ」です。

余震があるならもう絶対「一階で寝てはいけない。」

プロとして、
震源地が30キロ先でも直下でも
人が死なない家を建て、
人が死なない報道を願い
人が死なない行政を望む

「ます先に二階で寝ること、そしてなるべく早く瓦を下ろそう」
それだけでかなりの財産が守れ、貴重な命が救われる

もう一度言う
「まず先に二階で寝ること、そしてなるべく早く瓦を下ろそう」

百年の家projectは、
1990年からこの事を言い続けています。

どんなに瓦関係者から嫌がらせを受けても言い続けます。
だれも真実を伝えないから被害が減らないのです。

それそのものが財産であり、命をまもる為の家
それが最優先事項であり、それ以上に大事な事などないのです。

「まず先に二階で寝ること、そしてなるべく早く瓦を下ろそう」
頑張ろう熊本!